もともとseesaaブログで始めた「怖い本」ですが、独自ドメイン「http://scarybookplus.com/」に移行しました。最近、スマホの広告がウザいとの共同制作者の移行でこのサイトの更新はストップしていますので、ぜひ本サイトへ遊びに来てください。こちらで更新していた内容も本サイトで更新予定です。

2016年12月23日

玉藻の前 岡本綺堂伝奇小説集(岡本綺堂 /原書房)



・妖怪をテーマにした悲恋

・古典調だが読みやすい

・予想以上に二転三転する物語

おススメ度:★★★★☆


玉藻の前といえば、妖怪ファンにはお馴染みの九尾の狐、そして那須の殺生石。文学全集にも名を連ねる岡本綺堂がそんな妖怪を題材にどんな小説を書くのか。結構ワクワクして読んだ。

出だしは地味な展開だが、これが実に面白い。古文調だが、読みやすく、すぐに物語に引き込まれる。基本的な物語構造は悲恋で、立場の違う二人が惹かれあい、やがて悲劇を迎えるロミオ&ジュリエット方式だ。

物語の展開は非常に不安定で、現代的な予定調和を見ないところがいい。地味な展開が続くかと思うと、突然、妖怪が跋扈する幻想的な描写が入る。主人公が破滅しそうになると救われ、救われそうになると破滅する。大団円に落ち着くと見えて、まだ何転かする。偉大な先達にこんな言い方は失礼だが、小説の作りが非常に上手い。

九尾の狐、陰陽師、術比べなど、ライトノベル的要素を内包しながらも、これほど奥の深いエンターテイメントに仕上げるとは、岡本綺堂は恐るべき作家だ。妖怪好き、奇譚好きには是非オススメ。ちなみに青空文庫でも読める(玉藻の前のみ)。







posted by 北川商店 at 17:54| Comment(0) | ★★★★☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

お初の繭(一路晃司/角川ホラー文庫)



・製糸工場に売られた12歳の少女が体験する恐怖

・湿った雰囲気にキモイ描写、そしてロリータ趣味。

・かなりのグロさ。読んだことを後悔する。

おススメ度:★★★☆☆


主人公のお初は架空の寒村に住む12歳の少女。貧しさ故に製糸工場に働きに出る。工場は常に品質の高い糸で経営が安定しているが、そこには恐ろしい秘密があった…というのが、導入部だ。「あゝ野麦峠」や「女工哀史」を思わせる設定に、ホラー要素が混ざって湿り気のある独特の陰鬱な雰囲気が特徴。

話のオチがすぐに分かるとか、第17回ホラー小説大賞にしてはツマラナイなどの批評が蔓延しているが、私は「読んでいけないものを読んでしまった」感があって、中々不気味で素晴らしいと思う。謎を解くというより、いつ「それ」が来るのかと思うと、ページを繰る手が止まらない。とにかく、グロテスクで救いがない。

現代でもブラック企業と呼ばれて厳しい労働環境が取り沙汰されることがあるが、仕事というものは、一歩間違えればこの小説のような暴走を招くもの。上記の「あゝ野麦峠」や「蟹工船」なども、見方を変えればリアルなホラーと言えなくもないと思う。

終盤、ある登場人物の名前に少々違和感を感じるのと、雰囲気に比べセリフが軽い気もするが、全体的には読みやすくて明瞭だ。ロリータ趣味的な描写も多いので、そういう趣味の方の興味も満たされるのではないかと思う。


 


お初の繭【電子書籍】[ 一路 晃司 ]

 



posted by 北川商店 at 18:00| Comment(0) | ★★★☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

死国(坂東真砂子/角川書店)



・心霊系恋愛小説

・四国の土俗的文化がベース

・ホラーとしてはおすすめできない

おススメ度:★★☆☆☆


注・ここから先、ネタばれあり

過去に「猫殺し」の一件で話題になった坂東氏による「死国」は、死者の甦りと四国の土着文化をテーマにしており、文庫本の帯では「伝奇ロマン」と紹介されていた。問題はこの伝奇とロマンの比重だが「ほとんどロマン」といった感じで、三角関係がテーマの恋愛物になっている。

この三角関係の一角が死人という点がこの本の売りだと思うのだが、女性の愛憎渦巻く恋愛物のようで、見事に肩透かしを食らった感じ。また「霊魂が存在する」ことが前提になっているので、リアリティを欠く。

死者の甦り系のお話として「猿の手」という古典的なお話がある。死者への切ない思いと冒涜行為が交錯して悲劇的な結末を生む、というのが基本的なプロットだ。この「死国」もそういった要素もあるが、甦った死者が取った行動が「ヒロインとの男の取り合い」な所が、トホホ感いっぱいで「けっきょく痴話喧嘩かよ!」と、思わず突っ込んでしまった。

テーマである四国の土俗的文化についても、それほど突っ込まれておらず、中途半端感は否めない。期待して読んだだけに、どうにもお薦めしにくい一冊というのが今回の感想だ。



 


死国 [ 坂東眞砂子 ]

 





posted by 北川商店 at 18:06| Comment(0) | ★★☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。