もともとseesaaブログで始めた「怖い本」ですが、独自ドメイン「http://scarybookplus.com/」に移行しました。最近、スマホの広告がウザいとの共同制作者の移行でこのサイトの更新はストップしていますので、ぜひ本サイトへ遊びに来てください。こちらで更新していた内容も本サイトで更新予定です。

2017年01月10日

怪談・奇談(ラフカディオ・ハーン/角川書店)



・有名な怪談を含む42編の短編ホラー集

・ほとんどは「昔ばなし」風だが、たまに強烈なガチ系の話が混じる

・最下段に完全ネタバレ紹介が若干あり。

おススメ度:★★★☆☆


今回は日本古来の怪奇譚を集めたラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の「怪談・奇談」を紹介。巻末の解説によれば「ハーンの作品からその真髄たる怪奇な話に絞って42編を集めたもの」で、短くて切れのある怪談がたっぷり楽しめる。

「昔ばなし」風の子ども向けの話もあるが、けっこう怖い話も混ざっている。「耳なし芳一」や「雪女」などの有名な怪談に「知ってる知ってる、その話、聞いたことある」と油断して読んでいると、いきなりガチ系の話が混ざってくる。本ブログでは基本的にはネタバレを避けて本を紹介しているが、短い話なので最下段に一部あらすじと感想をを紹介してみたい。ネタバレを回避したい方はご注意を。

総じて、ハーンの冷静な視点で怪談が書かれており、訳もいいのだと思うが、非常に読みやすい文章になっている。当時の西洋人の視点が、今の日本人の視点と重なるからかも知れない。ホラーとしては、たまに怖い話が混じっているという程度だが、民話や昔話系の階段に興味がある方は、手に取ってみて損はない内容となっている。



 


怪談・奇談 [ ラフカディオ・ハーン(小泉八雲) ]

 


(注)以下は完全なネタバレ

(1)「因果ばなし」
死にかけた妻が、夫の後妻になるかもしれないと「自分が思っただけ」の美しい下女を騙し、女の乳房を掴んだまま絶命。その手は外れず、ミイラ化したので切断したが、手首から先だけ外れず、夜ごと「その両腕は乳房をひっつかみ、おしつけ、責めさいなむのだった」。

被害を蒙った下女の雪子は、本当に夫とは無関係なのに単なる嫉妬だけでこの酷い仕打ち。雪子は尼僧になったのだが最後まで呪いは解けず、乳房にミイラの手を付けたまま消息不明。不条理かつ変態性を感じる「あなおそろしや」な一遍。

(2)幽霊滝の伝説
欲に目がくらんだ子連れの女が、滝にお供えしてある賽銭箱を「肝試し」の証拠として持ち帰る話。当然罰を受けるのだが、その罰が「背中に背負った赤子の首がなくなって血だらけになっている」と言うもの。

罰を与えるにしてもこんなスプラッター映画ばりの方法はないだろうと度肝を抜かれた。他の昔話風の話が、こういった話の前フリになっているようにも思える。


posted by 北川商店 at 17:09| Comment(0) | ★★★☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。