もともとseesaaブログで始めた「怖い本」ですが、独自ドメイン「http://scarybookplus.com/」に移行しました。最近、スマホの広告がウザいとの共同制作者の移行でこのサイトの更新はストップしていますので、ぜひ本サイトへ遊びに来てください。こちらで更新していた内容も本サイトで更新予定です。

2017年01月22日

霧が晴れた時(小松左京/角川文庫)



・SF要素のあるホラー小説集

・異常だが、面白く説得力のある設定が多い

・特に「くだんのはは」がオススメ

おススメ度:★★★☆☆


本作品は、SFホラーとでも言うべきジャンルで、伝統的な怪異譚にSF的な要素がミックスされた短編小説集。SF的な味付けがあるとはいえ、科学的・論理的に怪異が説明されるわけではなく、不思議な力が「ある」ことが前提の作品だ。

内容に関しては純粋に設定が面白いのと、異常な設定常でも、そのベースに人間の持つ根源的恐怖を見据えているような深さがる(「すぐそこ」「骨」など)。また、戦中派らしい戦争の恐怖も織り込まれていて、こちらの方が個人的には怖かった(「くだんのはは」「召集令状」)。特に、「くだんのはは」は、戦争・空襲・広島・秘密の奥座敷・血の包帯・異臭など、とにかく不気味な設定で、この一編を読むためにこの本を買ってもいいのでは、と思わされるほどだ。

短編集なので、作品の質はバラバラだが、毎日少しずつ楽しむにはぴったりだ。ぜひ「くだんのはは」だけでも手に取って読んでみてほしい。これだけなら、評価をもう一つ上げたい。

本書の紹介とは直接関係ないが、私は中学生の頃はどちらかというとオカルト信奉者で、自分でピラミッドパワーなるものを試したり、怪しい呪文の本を読んだり、色々と痛い行動を取っていたのだが、今改めて振り返ってみると「超常的な力はない」という結論だ。また、幽霊・化け物・妖怪の類についても「いない」と思っている。ただし、それぞれの個人や状況に限れば「見える」ことは十分にあるし、正しいやり方の呪いも十分に「効く」とも思っている。

こんなブログを書いているのも、今でも幽霊やお化けが「ひょっとしたらいるかも」と思えるぐらい「上手く騙して欲しい」という思いを持っているからだろう。できるなら本書にあるような怪異も一度も見てみたい。





霧が晴れた時 自選恐怖小説集【電子書籍】[ 小松 左京 ]






ラベル:小松左京 短編集
posted by 北川商店 at 14:04| Comment(0) | ★★★☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。