もともとseesaaブログで始めた「怖い本」ですが、独自ドメイン「http://scarybookplus.com/」に移行しました。最近、スマホの広告がウザいとの共同制作者の移行でこのサイトの更新はストップしていますので、ぜひ本サイトへ遊びに来てください。こちらで更新していた内容も本サイトで更新予定です。

2017年01月27日

向日葵の咲かない夏(道尾秀介/新潮文庫) あらすじとおススメ度、ネタバレなし



・同級生の死の謎をめぐる小学生が主役のミステリ

・一人称視点で平易な文章

・「予備知識なし」で読む系

おススメ度:★★★☆☆


あらすじは、それほど複雑ではない。夏休み前に友達の家に届け物をしたら、その友達が死んでいた。しかし、死体は消え、その友達があるものに姿を変えて主人公と「自らの死」の謎を探るというもの。このお話の中心はこの友達が「何になった」で、これがミステリとして考えると非常に混乱する。

古い本なので、ネット上にはあらすじやネタバレを含む情報が氾濫しているが、もし前述のあらすじに少しでも興味があれば、何も事前情報を得ずに読み始めた方がいいだろう。ホラー要素は低めだが、作者が何を仕掛けて来ているのかを推理しながら読むのは楽しい。

文章自体は平易な一人称で、セリフは少々軽く感じるが、読みにくさはない。主人公が小学生なので、その視点での描写としては適切だろう。それほど血なまぐさくはないが、時々精神的に「来る」描写を挟んでくるので、苦手な方は注意が必要だ。

読後感は少々後味の悪さがある。ただ、個人的にはよくできた仕掛けだと思う。いわゆる「アレ」だが、もう一度読み返してみたくなるような描写が多い。

後に残るような重さやテーマ性はないが、ホラー要素を楽しみつつ、愉快に騙されてみてはどうだろうか。





向日葵の咲かない夏 [ 道尾秀介 ]







posted by 北川商店 at 11:58| ★★★☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。