もともとseesaaブログで始めた「怖い本」ですが、独自ドメイン「http://scarybookplus.com/」に移行しました。最近、スマホの広告がウザいとの共同制作者の移行でこのサイトの更新はストップしていますので、ぜひ本サイトへ遊びに来てください。こちらで更新していた内容も本サイトで更新予定です。

2017年06月30日

踊る男 (赤川次郎/角川文庫) 〜あらましと感想



新サイトで全文公開しています。無料!

・33篇のショートショートミステリ

・アイロニーとユーモアに溢れる

・一番古い話は1979年に朝日新聞に掲載

・おススメ度:★★★☆☆


軽く洒脱な文章で名を成した赤川次郎による、さらに軽さを増したショートショート集。ショートショートはその名の通り、文庫本で3ページから10ページ程度の長さの範囲で、それなりの落ちを付ける形式の読み物である。もともと、軽快さを売りにしていた著者である。星新一や阿刀田高と比べても、その軽さは特筆ものだ。何しろ、酒を飲みながら196ページの文庫本を1時間もかからずに読み終わってしまった。感想はそう「軽かった」で許してもらえないだろうか。

→以下、新サイトで。





posted by 北川商店 at 06:00| ★★★☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

モロー博士の島(H・G・ウェルズ[著]・中村融[訳]/創元SF文庫) 〜あらすじと感想



新サイトで全文公開しています。無料!

・孤島で行われる、狂気のような実験。

・人間と獣の境目とは?

・エンターテインメントとしても読める。

・おススメ度:★★★☆☆


(あらすじ)「エドワード・プレンディック」は、「海難事故」にあい、とある「貨物船」に救助される。かんしゃく持ちの船長が運ぶものは、生物や、一人の人間と奇怪な風貌の従者だった。船は目的地の島に着くと、船長はそこへ、積み荷とともにエドワードをもおろす。彼を待ち受けていたのは、「傑出した生理学者」と評された「モロー博士」。その島は、博士の実験場となっていて、エドワードがそこで見たものとは……。

→以下、新サイトで。



posted by 北川商店 at 06:00| ★★★☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

ベルセルク 39(三浦建太郎/ヤングアニマルコミックス) 〜ベルセルクの今と昔(後編) ※基本的に38巻まで読まれた方向け



新サイトで全文公開しています。無料!

・遂に妖精の王と謁見。キャスカの運命は?

・完全にファンタジー回帰、しかも穏やか

・内向的なストーリー展開

・おススメ度:★★★☆☆


(あらまし)数々の脅威を退けて、ガッツたちはついに妖精たちの王の住む島に上陸。敵と勘違いされて、様々な妨害を受けるが、ついにその島の最奥部に進み「花吹雪く王」との謁見へと臨むが……。キャスカが記憶を失ってから、恐ろしく長い時間が経ったが、ようやくその回復が望める所までやってきた。あんまり長すぎて、みんな目的を忘れているが、ガッツの目的は「キャスカの記憶の回復」と「グリフィスへの復讐」だ。この先どこまで続くかわからないが、とりあえず、この巻で最初の目的の目途が見えてくる。

→以下、新サイトで。



posted by 北川商店 at 06:00| ★★★☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。