もともとseesaaブログで始めた「怖い本」ですが、独自ドメイン「http://scarybookplus.com/」に移行しました。最近、スマホの広告がウザいとの共同制作者の移行でこのサイトの更新はストップしていますので、ぜひ本サイトへ遊びに来てください。こちらで更新していた内容も本サイトで更新予定です。

2016年12月15日

感染(仙川環/小学館)



・「臓器移植」がテーマの医療系サスペンス

・とにかく軽快で展開が早い。軽い読書向き。

・タイトルから想像されるようなグロ系描写はほぼ無い

おススメ度:★★★☆☆


「感染」は、臓器移植を中心とした医療知識を縦糸に、夫婦の愛憎を横糸にして描かれる医療系サスペンス。葉月という女性の一人称で描かれており、雰囲気は硬質だが極めて軽快にストーリーが展開していく。

実際には軽快に……というより、ドラマを2倍速で見ているような「溜め」のないノンストップ・サスペンスになっている。こちらに深く考える暇を与えないほど、目まぐるしく物語は展開し、全く飽きずに読み進められる。

その弊害とも言えるが、やはり物語にいまいち深みがないのは残念だ。最低限必要なリアリティやドラマはあるが、驚愕するようなパンチ力がない。終盤の展開も本来ならもっと衝撃的なはずなだが、じっくり驚いている余裕もなく物語は幕を閉じてしまう。ヒロインの葉月は少し根暗気味で、夫&夫の元妻との三角関係も、昼メロ風の設定になっていて少し軽い気がするなど、登場人物全てに余り共感できないのも難点。

ただ、少々スピードが出すぎてしまったとはいえ、この読みやすさは軽い読書にぴったりだ。とかく陰惨になりがちなサスペンスだが、これぐらい軽快だと人を選ばずお薦めできる。ちなみに、怪奇要素や過度なグロテスク描写はほぼないので、そういうのが苦手な方も安心して読めるだろう。





感染【電子書籍】[ 仙川環 ]







posted by 北川商店 at 11:21| Comment(0) | ★★★☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。