もともとseesaaブログで始めた「怖い本」ですが、独自ドメイン「http://scarybookplus.com/」に移行しました。最近、スマホの広告がウザいとの共同制作者の移行でこのサイトの更新はストップしていますので、ぜひ本サイトへ遊びに来てください。こちらで更新していた内容も本サイトで更新予定です。

2016年12月18日

姑獲鳥の夏(京極夏彦/講談社)



・「妖怪」がテーマだが、現実感のあるホラー系ミステリ

・豊富な知識量と筆力に圧倒される。少々難解な所も

・記憶喪失になってもう一度ゼロから読みたい

おススメ度:★★★★★


1994年初版刊行、知名度抜群の一冊で、今さらご紹介するのも気が引けるが、私にとっては思い入れのある作品だ。簡単なあらすじは、終戦後の東京を舞台に「憑き物落とし」と古本屋を生業とする中禅寺秋彦(京極堂)と、友人の根暗な小説家・関口巽が、ある旧家の「20か月も子供を身ごもっていてまだ出産しない女性の謎」に巻き込まれていく、といった内容。

初めて読んだ時は想像を絶する衝撃を受けた。「妖怪(!)」をテーマに、ミステリやホラー的要素を加え、超常現象を科学的に解説するという手法。さらに圧倒的な知識量による衒学的な演出が重なって、このシリーズにのめり込むには十分な内容だった。今でも思うが、京極夏彦氏は只者ではない。ミステリとしては「反則」だと言われているが、その後の作者の活躍ぶりをみると、この作品が傑作であることは間違いない。

傑作であるがゆえにコピーされることも多く、初版から20年以上経った今、批判的に読むことも可能だろう。ただこのジャンルに興味がなく、一度も著者の小説を読んでいないという幸運な読者の方がいれば、ぜひお薦めしたい。最初の「読みにくさ」を突破できれば、目くるめく小説世界が待っている。

ちなみにこのシリーズは「百鬼夜行シリーズ」として、長編9作+外伝的な小説が5作発表さている。完結はしておらず、出版社とのゴタゴタや原発問題で出版されないと噂の最新刊「鵺の碑」を待ちわびてもう10年経った。まだ…諦めてはいない。



 


姑獲鳥の夏 [ 京極夏彦 ]

 






posted by 北川商店 at 10:10| Comment(0) | ★★★★★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。