もともとseesaaブログで始めた「怖い本」ですが、独自ドメイン「http://scarybookplus.com/」に移行しました。最近、スマホの広告がウザいとの共同制作者の移行でこのサイトの更新はストップしていますので、ぜひ本サイトへ遊びに来てください。こちらで更新していた内容も本サイトで更新予定です。

2017年02月27日

いきはよいよいかえりはこわい (鎌田敏夫/ハルキ・ホラー文庫)〜あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想



・セックス描写の多い、オカルト的サスペンス

・謎の理由が不可解

・内容と真逆の純愛もの

おススメ度:★★☆☆☆

お話の導入はありがちだが面白い。広告代理店に勤めている由紀恵という主人公は、都心に格安マンションがあること知って引っ越した。もちろんいわくつき。かつて、その部屋で女性が惨殺されたことがあったのだ。しかも、大矢ささんには「部屋に鏡を置かないこと」という忠告を受ける。しかし、女性として姿見がないのは不便なので、思わず買ってしまう。最初は何事もないと思っていたが、友達の女性が引っ越してきて……。

と、「姿見を置いてはいけない」→「置いてしまう」という、ホラー映画のテンプレートのような展開で、不幸が襲ってくる。まず、その点にあまり同情できない。更にセックスシーンが出てくるのだが、これがイマイチ、ピンとこない。その必然性とさらに言えば「あまりエロくない」と思うのだ。もちろん、ホラー小説なので、必要以上にエロティックである必要はないが、そんなに興奮するようなものでもないので、それが目的ならもっと別の小説を読んだ方がいい。

更に中盤、鏡の謎についての言及があるのだが、これが何とも不可解だ。話が飛び過ぎて、説得力がない。一応理由は書かれるが、鏡との関係性もはっきりしない。話のオチも同様だ。つまり、オカルト的な仕掛けもうまく機能していないように思える。

「ホラーXエロ要素」は、映画などでは定番なので、需要はあると思うのだが、どうも期待していたものと違うというのが私の感想だ。本の裏表紙には「感動の結末」と書かれているが、それはちょっと……。結局、怖さも、エロさも中途半端で何ともモヤモヤする一冊だった。

ちなみに、題名の「いきはよいよいかえりはこわい」は、有名な「通りゃんせ」の一説で、著作権が切れているようなので、全文掲載してみる

−−−−−−−−−−−−−−−−
通りゃんせ 通りゃんせ
ここはどこの 細道じゃ
天神さまの 細道じゃ
ちっと通して 下しゃんせ
御用のないもの 通しゃせぬ
この子の七つの お祝いに
お札を納めに まいります
行きはよいよい 帰りはこわい
こわいながらも
通りゃんせ 通りゃんせ
−−−−−−−−−−−−−−−−

作品のテーマだとは思うが、やっぱりイマイチしっくりこない。
※ちなみに今現在絶版で、古本で買うしかない。







posted by 北川商店 at 07:31| ★★☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。