もともとseesaaブログで始めた「怖い本」ですが、独自ドメイン「http://scarybookplus.com/」に移行しました。最近、スマホの広告がウザいとの共同制作者の移行でこのサイトの更新はストップしていますので、ぜひ本サイトへ遊びに来てください。こちらで更新していた内容も本サイトで更新予定です。

2017年03月27日

第三の女(夏樹静子/集英社文庫)〜あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想



・交換殺人がテーマのミステリ

・ホラー要素と呼べるものは無し

・実態はラブストーリー

おススメ度:★★★☆☆


アガサ・クリスティーにもひらがなで読むと同名の本があり、内容を見る限り、「自分が誰を殺したのか分からない」部分にかけて、タイトルを漢数字にしたのはないかと思われる。文庫版の初版が1980年とかなり古いので、いま、読んで正当な評価になるかどうかは分からない。ただ、2008年に32版までいっているので、相当売れた本なのだろう。

(あらすじ)医師と謎の女がパリで出会って、ひょんなことから「互いに殺したい相手」を告白し合う。医師はそれを座興と考えていたが、現実に「殺し起きて」しまう。本当にあの謎の女が殺したのか……という流れで殺人事件が起こる。ごくごくまっとうなミステリ。

話のオチは現代ではよくある手なのだが、出版当時はかなり斬新だったのではないかと思う。偉大な先達ということになるのだろう。怖い要素としては、直接的な残酷描写というよりは「女心」が怖いという感じで、要するに構造はミステリ+ラブストーリーだ。

告白するほどのこともないが、また、蔑視と思われたくもないのだが、いわゆる女性が書いた文章に苦手意識がある。余程巧みな作家でもない限り、文章から「男」と「女」の違いがはっきり分かる。例えば男性作家が全く触れないアクセサリーや心理描写があったりする。この小説も、そう言った傾向はあるが、文章自体は真面目で硬質、読みやすい本だと思う。

いかんせん「旬」は過ぎた感はあるが、それなりに楽しめるミステリなので、それ系がお好きな方はご一読を。





(楽天)















posted by 北川商店 at 10:00| ★★★☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。