もともとseesaaブログで始めた「怖い本」ですが、独自ドメイン「http://scarybookplus.com/」に移行しました。最近、スマホの広告がウザいとの共同制作者の移行でこのサイトの更新はストップしていますので、ぜひ本サイトへ遊びに来てください。こちらで更新していた内容も本サイトで更新予定です。

2017年04月04日

シークレットレース(タイラーハミルトン/小学館文庫)



・自転車レースの裏側、ドーピングを語るノンフィクション

・偉大なチャンピオンの転落劇を生中しく語る

・暴露本だが感動する。みんな必死なんだ。

・おススメ度:★★★★☆


自転車レース。今回は、競輪のことではない。ロードバイク(自転車)にのって、世界中を転戦するプロのレーサーの物語だ。自転車の世界にはサッカーのワールドカップのような大きな大会があって、イタリアの「ジロ・デ・イタリア」、フランスの「ツールド・フランス」、スペインの「ブエルタ・ア・エスパーニャ」の三大大会がある。どれも3週間、一日に平均200km、7時間も走り続けたり、アルプスの山を「自転車で」時速30kmで登ったりする過酷なレースだ。その中でも「ツールド・フランス」が最も有名。日本では残念ながらマイナースポーツだが、愛好者は増えていると思う。ちなみに以前に紹介した「茄子」は「ブエルタ・ア・エスパーニャ」の映画だ。

この本は、その有名選手だったタイラー・ハミルトンが中心になって書いた本で、要は自転車レースで勝つために、過去7回ツールド・フランスで優勝した(今は剥奪)ランス・アームストロングのドーピングを手伝っていた経緯を詳しく暴露している。ハミルトンは私も好きな選手で、レース中に鎖骨を折ったのに気迫でレースを続けた偉大な選手だ。

このランス・アームストロングは、ツールド・フランスを7勝した過去最高のチャンピオン(だった)で、最高のスポーツ選手として尊敬を一心に集めていた。理由がある。彼は精巣癌にかかり、それを克服して、レースに連勝したのだ。このストーリーに私も感動した。DVDも持っている。でも、である。それが血液ドーピングという不正だと「本人が」告白したのだ。まさに地に落ちた英雄だ。自転車レースは、過去にもドーピングの多いスポーツで、ツールド・フランスには、優勝者がいない年がいっぱいある不名誉な記録が多い。電車に乗って不正をしたという笑えない話も残っている。最近もメカニカルドーピング(自転車にモーターを仕込む)で揺れている。

これは勝つための執念の物語だ。その為のドーピングだ。これは怖い。勝つために手段を択ばない。それが寿命を縮めかねない。それでも勝たないといけない。これは大人の世界の恐怖だ。結果で評価される。当たり前だ。でも不正はいけない。ただ、個人的に勝つために命を削ったハミルトンとアームストロングを憎む気にならない。単純に尊敬はできない。でも侮蔑もしない。彼らは勝つために命を張ったのだ。スポーツマンシップとは別の話だが、まあ、いいではないが。それが人間だ。

この本に大好きなシーンがある。後半だ。タイラーが友人とボロい自転車で走っていると、信号待ちをしていた時、高価なレース用の自転車(数千ドルもする)を乗った二人のライダーが横に止まった。かれらはハミルトンに気が付いた。そしてその彼らのTシャツには「ドーパー(ドーピングをしたやつ)は最低」と書かれていたのだ。ハミルトンは腹が立ってそれを追いかけた。そして、互いに目を合わす。そして、ハミルトンは、その男と握手をしてこう言うのだ。

「やあ、僕は昔ドーパーだった」僕は言った。「だけど、最低じゃない。じゃあ、楽しい走りを」

レースってなんだ? 正義ってなんだ? 不正ってなんだ? ドーピングってなんだ? 割り切れるもんじゃないんだ、大人の世界は。竹原ピストルの歌詞を借りると「必死じゃない大人なんていないのさ」。

自転車競技に興味がなくても、いい一冊だと思う。この本の「恐怖」部分はドーピングの怖さに限られるが、読んで損はしない本だと思う。そして、自転車好きの好きな人が増えてくれたらいいな。ただし、現役ロードレーサーは、交通ルールはちゃんと守って、なるべく車道は走るなよな。危ないし、迷惑だ。ロードレーサーは紳士であるべきだ。私もそうありたい。




シークレット・レース [ タイラー・ハミルトン ]






posted by 北川商店 at 08:27| ★★★★★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。