もともとseesaaブログで始めた「怖い本」ですが、独自ドメイン「http://scarybookplus.com/」に移行しました。最近、スマホの広告がウザいとの共同制作者の移行でこのサイトの更新はストップしていますので、ぜひ本サイトへ遊びに来てください。こちらで更新していた内容も本サイトで更新予定です。

2017年07月06日

ケモノの城 (誉田 哲也/双葉文庫) ~あらましと感想



新サイトで全文公開しています。無料!

・いわゆる一つの胸糞悪いはなし

・実在の事件を材に取ったというか、ほぼそのままの気が

・よほどのサディストでもない限り読まないほうが良い

・おススメ度:★★☆☆☆


本を定価で買って久しぶりに後悔した。むろん、中身の中途半端さもさることながら、これは私の知っている実在の事件をなぞっているだけだと分かったからだ。ネタばらしになるので、一応ぼかして書いておくが、この事件を例にとったのは間違いない。何しろ、参考文献の最初にこの名前が出ている。私の記憶している限りでは、ほぼそのままの内容ではないのか。

→以下、新サイトで。





ラベル:きうら ホラー
posted by 北川商店 at 06:00| ★★☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。