もともとseesaaブログで始めた「怖い本」ですが、独自ドメイン「http://scarybookplus.com/」に移行しました。最近、スマホの広告がウザいとの共同制作者の移行でこのサイトの更新はストップしていますので、ぜひ本サイトへ遊びに来てください。こちらで更新していた内容も本サイトで更新予定です。

2017年07月29日

倉橋由美子の怪奇掌篇(倉橋由美子/新潮文庫)〜紹介と感想、軽いネタばれ



新サイトで全文公開しています。無料!

・「幻想・残酷・邪心・淫猥な世界」を描いた20篇。

・簡潔で読みやすい。

・著者の博識ぶりがいかんなく発揮されている。

おススメ度:★★★★☆


倉橋由美子というと、一番(一般的に)有名なのは『大人のための残酷童話 (Ama)』じゃないでしょうか。『残酷童話』はベストセラーとして少し話題になりましたので、いつか取り上げたいなあと思っています。今回紹介する『怪奇掌篇』は、ギリシャ神話の神々を登場させたり、国内外の古典から少し題材をいただいたりしていますが、著者のオリジナル作品集です。タイトルには「掌篇」とありますが、内容の密度からいうと、短篇集といってよいと思います。

→以下、新サイトで。








posted by 北川商店 at 06:00| ★★★★☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。