もともとseesaaブログで始めた「怖い本」ですが、独自ドメイン「http://scarybookplus.com/」に移行しました。最近、スマホの広告がウザいとの共同制作者の移行でこのサイトの更新はストップしていますので、ぜひ本サイトへ遊びに来てください。こちらで更新していた内容も本サイトで更新予定です。

2017年11月18日

勝手に新刊予想 〜角川ホラー文庫2017年11月

管理人のきうらです。だいぶ寒くなってきましたね。日本では怪談は夏と相場が決まってますが、どうやらお盆の影響のようです。逆に海外では冬が怪談の季節だとか。個人的な感想としては、夏より冬の方がホラーには似合っている感じがします。

さて、今月も無責任に概要だけ見て予想するという無責任な企画をやってみたいと思います。ちなみに先月発刊された角川ホラー文庫の「ハラサキ」は成城比丘太郎氏が近日、紹介予定ですので、お楽しみに。ちなみに某市の図書館にリクエストして入れてもらったそうで、ホラーでもリクエストがあれば買ってくれる懐の深い図書館が大好きです(笑)。


凶宅(三津田信三)
発売日:2017年11月25日/734円(税込)
<内容(公式サイトより引用)>
山の中腹に建てられた一軒家に越してきた小学4年生の翔太。引っ越しとともに妙な胸騒ぎを覚えると、身の回りで不可解な出来事が頻発する。翔太は家族を守るため、忌まわしい家の秘密を探り始めるが――。

<勝手に予想>
何とも言いようのない正統派「館系」ホラーという感じ。煽りのコピーに「本格ミステリ大賞受賞作家が綴る、”最凶”の家ホラー」とあるので、謎解き要素もあるような感じですが、このままではリアル系なのか心霊系なのか、判断に苦しむところです。表紙絵だけ見ると、割と正統派ホラー路線を狙っているように見えますが……。著者の経歴を調べたところ、「厭魅の如き憑くもの」の作者だと判明。本サイトで紹介していますが、その時の印象は余り良くなかったような記憶があります。読むかどうか、悩むところです。


中野ブロードウェイ脱出ゲーム(渡辺浩弐)
発売日:2017年11月25日/1123円(税込)

<内容(公式サイトより引用)>
地震のような衝撃で密室と化した中野ブロードウェイ。ビル自体が生き物のように変容し人が次々と“食われていく”。取り残された少年と少女の運命は!? 誰もプレイしたことのない最悪の脱出ゲームが始まる。「このビルは人を食って生きている!!奇才・渡辺浩弐が放つ最凶脱出ゲーム!」

<勝手に予想>
高い! と、思ってみてみると688ページもある大作だ。表紙絵や紹介からも、ライトな読者層を意識しているように思える作品。著者の渡辺浩弐氏はゲーム系の雑誌で活躍されていたようで、この作品もゲーム的要素を意識しているように思えます。屋敷が人を食う、というのは、割と定番のホラーメニューですが、どういったトーンで「脱出ゲーム」が展開されているのか気になります。青春ラブコメ風なのか、エログロリアル系なのか、今のところ、ライト寄りだと予想しています。ただ、地方在住の庶民としては中野ブロードウェイがピンと来ないという(笑)。情けない状況です。これも読むかどうかは保留ですね。


私のクラスの生徒が、一晩で24人死にました。(日向奈くらら)
発売日:2017年11月25日/691円(税込)

<内容(公式サイトより引用)>
高校教師の北原奈保子スマホに深夜、一人の生徒からメールが届く。「たすけて、みんな死んじゃう」……奈保子は教室に駆けつけるが、そこにはこの世のものとは思えない凄まじい光景が広がっていた……。「教室で起こる猟奇殺人。五感を恐怖で震わせる衝撃のホラーサスペンス登場!」

<勝手に予想>
今回では、最も設定的に面白そうな一冊。著者はこの作品位しか情報がないので未知数。名前からすると女性だろうか。Amazonの推薦文には「リング」の鈴木光司氏が「この恐ろしさは、ねっとりしている 鈴木光司」とコメントを寄せているので、ジワジワ来る系のホラーと思える。24人死ぬということは事実のようなので、殺人鬼系に振ってくるのか、心霊系に振ってくるのか、それ以外の仕掛けがあるのか−−。個人的には単純な心霊系では面白くないので、何か仕掛けがあると嬉しい。ただ、こればっかりは読んでみないと分からない。読むとすれば、3冊の中ではこの一冊かも。

<まとめ>
今月は割とガチンコ系のホラー小説が3冊刊行されるようなので、どれかは読んでみたいと思いますが、いち、ホラーファンとしてはどれも設定にもう一ひねり欲しいと言えばおこがましいでしょうか。ただ、設定は既知のものでも、展開によっては傑作という可能性もあります。この辺を予想するのがホラーファンの楽しみ、いや、読書ファンの楽しみですね。では、また、読んだ場合は本サイトで報告します。







posted by 北川商店 at 21:45| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。