もともとseesaaブログで始めた「怖い本」ですが、独自ドメイン「http://scarybookplus.com/」に移行しました。最近、スマホの広告がウザいとの共同制作者の移行でこのサイトの更新はストップしていますので、ぜひ本サイトへ遊びに来てください。こちらで更新していた内容も本サイトで更新予定です。

2017年11月24日

はじめの一歩「騒ぎ」 〜ネタバレ注意!



ネタバレ注意! コミックスで「はじめの一歩」を読んでいる読者の方は、特にご注意を。

私は表題のボクシング漫画「はじめの一歩」の20年来のファンで、主にコミックスで読み続けている。家の本棚にはもちろん119冊の漫画がある。あるので、今回の騒動に感想を少し書いてみたい。

ネットでも騒がれていたので、ご存知かもしれないが、今回の騒動について、簡単に説明する。1989年から連載されているボクシング巨編「はじめの一歩」という漫画があって、その主人公であるボクサーの一歩が、なんと雑魚と思われる敵に倒されてしまったのである。そのうえ、どうやら編集者を罵倒する(と思われる)ようなコメントを週刊誌の巻末に載せた。これにより、119巻も続いた漫画が打ち切られるのではないかという推察が飛び回っているが、これは次週以降の連載誌であるマガジンを読んでみないことには真相は全く不明。

ドラゴンボールで言えば、悟空がナッパの蒔いた栽培マンにやられるようなものであり、相撲なら横綱が幕下力士に敗れるような(実際はないが)衝撃だ。正統派ボクシング漫画の主人公がモブ扱いのキャラに敗れるというあってはならない展開になっている。しかも引退をかけた試合で二連敗したわけで、まともに考えれば、打ち切りかヤケクソになって話を投げたとしか思えない。しかも、不穏な巻末コメントつきということで、荒れるのも当然だ。

長い作品にはありがちだが、この作品も意図的に相当引き延ばされた節があり、全体を一つのストーリーとして考えると、不要な試合に何年もかかっていたりする。ファンによっては日本チャンピオンになった30巻で終わったという話もあるし、人気のサブキャラである、鷹村対ホーク戦が頂点という人もいる。

個人的には、主人公一歩のライバル設定である「宮田」という選手がいるのだが、二人の正式な対決が一度は決まったにもかかわらず、不可解な理由でそれが流れた。確か70巻辺りだった気がするが記憶が定かではない。そこで私は作品としては、破たんしたと思っている。作者的には、本来はあそこで白黒つけてから、世界チャンピオンに挑むという展開で100巻位で完結を目指していたんじゃないかと邪推する。

ところが、作品の人気が逆に仇になって引き延ばした挙句、旬が過ぎ、人気が下降してきたこの段階で、この展開である。私も気になって仕方ない。もし、このまま終わるなら少年漫画史上まれにみる鬱展開になるだろう。最後に今後の展開を予想してみる。

・本当に負けていた → 連載終了コース。作品のテーマ「強さとは何か」を無理やり負けにこじつけて終わらせる。
・実は負けてなかった → 夢オチかそれに近い勘違い(スリップ)で、無理やり勝利させて、また、ダラダラと復帰シーンが描かれる。
・本当に打ち切り → ここから長期休載し、そのままフェードアウト。相当時間が経ってから、ひっそりと最終巻が発刊される。

どちらにしても、ここまで読んできた読者にとっては辛い展開しか待っていない。一時は史上最高のボクシング漫画とも称せられたこの作品のゴタゴタは、今の相撲協会の裏側を見るようで、一読者としては非常に切ない。こうなると「あしたのジョー」があそこで途切れたのは実に英断だったということになるだろう。

どちらにしろ、決着がついた場合は本サイトなどでも取り上げてみたい。

(きうら)








posted by 北川商店 at 11:40| エッセー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。