もともとseesaaブログで始めた「怖い本」ですが、独自ドメイン「http://scarybookplus.com/」に移行しました。最近、スマホの広告がウザいとの共同制作者の移行でこのサイトの更新はストップしていますので、ぜひ本サイトへ遊びに来てください。こちらで更新していた内容も本サイトで更新予定です。

2017年12月16日

今年(2017年)のまとめ(えせエッセー)〜本とサッカーと競馬と

esse-.jpg
本サイト」2017年下半期の「怖い本大賞」として『まっぷたつの子爵』が選ばれました。もし読んでくれた方がいたらどうもです。これは、とくにホラーというわけではないですし、怖い所が前面に出たものでもないのですが、選評にあるようにまあまあ含蓄のある寓話で、読みやすいものです。それ以外では、全体的に私が紹介した本は「怖い」という範疇からはずれたものも多かったのですが、おそらく来年以降もそうなるかと思います。まあ、おもろい本に出会えたらいいなと思います。

最近はあまりサッカーを気合入れてみなくなってきたけど、今年のJリーグは再び「1シーズン制」に戻り、最後は川崎の逆転優勝(初タイトル)と楽しくみれた。浦和もアジアチャンピオン(二度目)になったり、セレッソがJ1復帰してタイトルとって、なかなかおもしろいシーズンだった。セレッソは復帰してすぐに上位争いしたように、J2のレベルもあがったのだろうか(柏は以前復帰してすぐに優勝したが)。ということは、グランパスは元J1ということで、期待できるのだろうか?

ところで、ワールドカップについてはスルーするつもりだったけど、『デイリースポーツ(12/3付)』の、元日本代表福西の記事を読んで、これは見逃せないと思った。福西はまず、「率直に言って、厳しいグループではない。1次リーグ突破へ、可能性のある組に入ったと言っていい。」これはとてもワールドカップに出た人の分析とは思えない。まず、ワールドカップは(基本的に)厳しいのではないのか。日韓大会〔の日本と韓国に〕は明らかなホームアドバンテージがあったから、その結果はノーカウント。ドイツやブラジル大会は調整的な難しさがあった。唯一実力のみでトーナメントに進んだ南アフリカ大会の初戦(カメルーン戦)なんか、あの大会中一番クソみたいな試合だったから勝てただけで、今回はそれ以上に厳しいんだが。福西は記事の最後を「ベスト8にいくためにも、コロンビアとセネガルに勝ち……(中略)……2連勝して、余裕をもってポーランド戦に臨みたい。」と結んでるが、これはいったいどういう意味なんだろう。楽観的な記事内容を編集部にでも頼まれたんやろか。それにしてもこれは、楽観的を通り越してもはや何も語ってない(考えてない)に等しい。国際Aマッチレベルでの、両国との対戦をみるかぎり、連勝するのはムリとしか思えないんやけど。まずはコロンビア戦。コロンビアは今大会ベスト4以上を狙ってるだろうから、初戦にピークはもってこないやろう。だから初戦をガンガンいくならどうなるかわからないが、それでも南米のチームだから手を抜きはしないやろうなぁ。セネガルには2001年のテストマッチでは手も足も出なかったおぼえがあるから、どちらに勝つのもまあ難しいなあ。それにしても常々福西の毒にも薬にもならない実況解説はどうでもいいと思っていたけど、この記事はちょっとひどい。この時期にプロの解説がするような予想ではない(期待を込めてもう少しがんばってほしい)。

サッカーの記事が長くなってしまったので、あとは競馬のまとめを少し。本年度の年度代表馬は間違いなくキタサンブラックでしょう(有馬で負けても)。その原因(?)は明らかに現4歳世代の(中距離路線での)ライバル不在でしょう。サトノダイヤモンドだけが去年の有馬でキタサンを負かしたが(去年有馬のキタサンはおそらく競走馬としてピークだっただろうから、そこからサトノの強さは測れる)、その他は総じて小粒だった。マカヒキなんかはマイルいったらいいのにと凱旋門のあとに思ったが(エアスピネルみたいに)。今年の有馬でキタサンは、3着をはずことはないだろうが、逆転候補としてはスワーヴリチャードが一番手か。個人的には(馬券的には)人気になるだろうから買いたくないが。それでも今年後半の、3歳馬における古馬混合レースでの成績をみる限り、GI未勝利でもやれるだろうからなぁ(ハーツクライがディープを完封した時みたいになるやろか)。いろいろ不安点(右回り、中山、厳しい流れになった場合)はあるが、この馬は春に無理をしてないので体力的に十分おつりはありそう。キセキのような残念な結果にはならないと思う(当たり前)。そして今年こそヤマカツエースがより上位に来ることを信じたい。

(成城比丘太郎)


rel="noopener">





ラベル:成城比丘太郎
posted by 北川商店 at 18:00| エッセー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。