もともとseesaaブログで始めた「怖い本」ですが、独自ドメイン「http://scarybookplus.com/」に移行しました。最近、スマホの広告がウザいとの共同制作者の移行でこのサイトの更新はストップしていますので、ぜひ本サイトへ遊びに来てください。こちらで更新していた内容も本サイトで更新予定です。

2017年12月19日

Applewatchを巡る体験



私は仕事の関係もあって、ガジェットと言われる電子機器が大好きである。中でも、好きなジャンルが二つある。一つはすでに記事を書いている「電子書籍リーダー」であり、これは読書専門機器で、ガジェットの中でもマイナーだ。もう一つが、今回記事にした「スマートウォッチ」である。なぜ好きなのかは、理論的には説明できないが、私の中にある「未来を感じる」機器は、この2点なのだ。

結論から言うと、AppleWatch(series3)を買って、2日使って今日返品した。上代約5万円の買い物なので、慎重に吟味したつもりだったのだが、想定外の盲点があったからだ。

それはバッテリーの問題だった。誤解のないように断って言うが、AppleWatchのバッテリーではない。本体であるiPhone7の方のバッテリーである。半日使って1年使ったiPhone7のバッテリーが20%にまで低下したことにショックを受けた。

これまで、ガーミンのアクティビティトラッカーを2本、ぺブルのPebbleTime、フォッシルのスマートウォッチを買って使っていたが、ここまでバッテリーが低下したことはない。LTEと接続していたからだろうか? とにかく減りが早かったのは確かだ。

仕事で使うので、これは困る。Appleの返品ポリシーを見ると、2週間以内なら無料で返品可能とのことなので、申し訳ないが返品の判断をした。

約2日使った感じを正直に書くと、スマートウォッチとしては可もなく不可もなくという出来だった。LINEの通知はちゃんと来るし、siriを使った返信も良好。ヘルス機能も面白かった。ただ、LINEアプリ自体が撤退したり、Googleのマップが使えなかったり、思った以上に拡張性に制限がある感じだった。それは分かっていたのだが、バッテリーの件は想定外だった。私のiPhoneがへたってきている可能性はあるので、AppleWatch自体が悪い製品だとは決して思わないのだが、じゃあ5万円を払うかというと、私にはぺブルの方が魅力的だ。

要するに制限のあるちっちゃいiPhoneを腕に付けるということに、「私は」魅力を感じられなかった。ただ、返品の電話の対応やサービスはさすがAppleという感じだった。今回はたまたまマッチしなかったが、もし、AppleWatchが進化したら買いたいと思わせてくれる会社だとは思う。

ここ2週間、暇があるとスマートウォッチの情報を仕入れていた。ノキアからバッテリーの持ちがいい製品Steel HRがでるので、それも考えたが、スマートウォッチでLINEの通知が読めないのは辛い。ガーミンのアクティビティトラッカーは持っているし、Fitbitの製品も似たり寄ったり。その二つのメーカーのスマートウォッチもチェックしたが、まあ一長一短で決め手に欠ける。とにかく、この二社はスポーツ用のスマートウォッチを目指しているので、通知重視の私とは合わない。ただ、ガーミンはデザインは武骨だが、通知は良くできている(今使っているのはvívosmart HR J。画面が若干見にくいが電池の持ちも通知も良好)。

残るはSonyの旧製品や新製品のwenaというのもあるが、高い割に通知は軽視されていて、その点が欲しい私には不満が残る。SamsonのGalaxy Gearは基本Androidユーザー向けであるし、フォッシルはデザインはいいが通知の使い心地がイマイチだった。中華系の安いスマートウォッチを試してみてもいいが、今回の経験で一通り経験したので、それの下位互換機種を買う価値はないと見た。

つまり、LINEを始め、SNSの通知と返信をスムーズに手元で行えるデバイスが欲しいのである。それだけなのだが、世の中の方向は健康志向でヘルス機能重視(心拍測定など)の方向性に向かっていて、一向にその方面の製品が出てこない。

上記のぺブルが私の理想に一番近い製品だったのだが、OSが不安定で頻繁にフリーズするという致命的な弱点があったうえ、会社が潰れてFitbitに買収されてしまった。これは本気でショックを受けている。電子ペーパー+スマートウォッチという組み合わせはこれしかないからだ。これの利点は常時時計が表示されること。時間が観られるのは時計としての当たり前のことだが、これができないのが大半のスマートウォッチの弱点なのだ。ソニーからも電子ペーパーを使ったスマートウォッチ「FES Watch」というものがあるが、これは見た目重視で通知がないのだ……。

と、いう訳で、理想のスマートウォッチを探す旅はまだまだ続きそうだ。Appleには申し訳なかったが、スマートウォッチの最先端を短時間でも体験させてもらえたことには感謝したい。

電池が一週間持って、単独で通話でき、あらゆるSNSにスムーズに変身できる。ウォッチフェイスは無限に選べて、耐水性脳は50m防水……いつか限界を打ち破ったスマートウォッチが登場するのを待っている。

蛇足になるが、スマートスピーカーは多分まだ時期尚早だ。家じゅうの家電がBluetoothでつながっているならともかく、現状では画面のない簡易スマホに過ぎない。これは思った以上に流行らないだろう。私も食指が動かないなぁ。あと5年もすれば、電灯からエアコン、冷蔵庫や風呂がスマートスピーカーで操作できるだろうが、それまでは普及は無理かもしれない。

とりあえず、年末までにもう一つくらいスマートウォッチを試してみたい。

(きうら)








ラベル:きうら 電子機器
posted by 北川商店 at 00:00| エッセー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。