もともとseesaaブログで始めた「怖い本」ですが、独自ドメイン「http://scarybookplus.com/」に移行しました。最近、スマホの広告がウザいとの共同制作者の移行でこのサイトの更新はストップしていますので、ぜひ本サイトへ遊びに来てください。こちらで更新していた内容も本サイトで更新予定です。

2017年08月07日

ドンキーコング(任天堂・ファミコン)



スマホゲームが氾濫する現代、コンピュータゲームの価値はそれこそ「タダ同然」だ。スマホさえ持っていれば小学生でも気軽に「新作ゲーム」を遊ぶことができる。それが良いことかどうかは判断できない。

しかし、1983年は違った。一本のゲームが小学生の人生観を変えた。

私が初めてファミリーコンピュータで買ってもらったゲームは「ドンキーコング」と「ホーガンズアレイ」だった。ホーガンズアレイは光線銃という周辺機器がないと遊べないが、それは買ってもらえなかった。つまり無用の長物である。

それでも「ドンキーコング」の未来感は強烈だった。今までゲームセンターで遊んでいたゲームが家庭で好きなだけ遊べるのである。時間制限はなしだ。買ってもらった日は、確か11時ごろまで遊んで親に止められた。比喩ではなく、ほんとにファミコンのカセットを抱きしめて寝た。そこには、想像もしない世界が広がっていた。スマホやNintendo Swich、ディズニーランドやUSJなど比較にならない程の強烈な煌き。

もちろん、公園や近くの河原で友達ともよく遊んだ。しかし、いつもコンピューターゲームは無限の未来の象徴だった。中学生時代まではそう信じていた。

ピーチ姫もいない。マリオがただ、ジャンプして上に上がっていくだけ。多分、友達と何十時間も遊んだ。いま、遊ぶと他愛のない内容だ。いまさらわざわざ遊ぶ必要はない。

少年期の煌きはほとんどの人にあるものだろう。それがゲームだったことに後悔はない。いまでも、どこか別の世界へ連れて行ってくれる夢はコンピュータゲームの先にあると信じている。その可能性は十分あるはずだ。

※今後、古いゲームを語りつつ、懐古趣味的世界に浸ってみたい。怖い本とは関係ないが、その辺は実に曖昧にスルーしたいと思っている。



ラベル:きうら ゲーム
posted by 北川商店 at 06:00| 古ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。