もともとseesaaブログで始めた「怖い本」ですが、独自ドメイン「http://scarybookplus.com/」に移行しました。最近、スマホの広告がウザいとの共同制作者の移行でこのサイトの更新はストップしていますので、ぜひ本サイトへ遊びに来てください。こちらで更新していた内容も本サイトで更新予定です。

2018年03月08日

TVはどうした!?

esse-.jpg

最近ではないが、テレビ番組というものを見なくなって久しい。インターネットがない時代は、それこそ朝から晩までテレビばかり見ていたが、全く観る気が起こらない。理由は単純だ。たまにテレビをつけると

・飯を食っている
・その辺をブラブラしている
・出演者同士で内輪の会話を楽しんでいる

ことがほとんどだからだ。これをわざわざ見る必要がどこにある。たまにテーマを絞ったバラエティやドキュメンタリーもあるが、大勢がこうなので、わざわざ砂金を拾うためにドブ浚いをしようとは思わない。ネットで興味のある映像を探す方がマシなはずだ。

なぜこうなったのか。それは視聴者側の過剰な「上品さ」を求める姿勢にもあると思っている。昭和礼讃者ではないが、あの時代はいい方も悪い方も、ぶっちぎりに振り切っていて、ポルノから差別用語まで、何でもござれであった。

確かにあの時代の反省に立って、よりよく改善した結果なのだろう。あからさまな差別は減ったし、テレビによる印象操作もやりにくくなっただろう。ただ、一緒に活力も奪われてしまっていて、今の番組はほとんど吸い殻のようなものばかりだ。

どこそこの食い物がうまかった、誰それの発言が気に障った、どこのどいつが不倫した、あそこの温泉が素晴らしいとか、それが重要な情報か? ニュースですらそういう取り上げ方をするし、速報性ではネットの後追いをしている場合も多見する。

情報の重複も酷く、同じ番組で同じ話題を何度も取り上げるのは止めて欲しい。金メダルはいいが、それは本番一回きりの放送でいいし、振り返るなら、後でまとめてやってくれ。同じ局で時間帯を変えて同じ放送を何度もするのは、省力化というやつなのか。どうせ録画されるのだから、一回で十分だ。

結果的に、一部のニュースと純粋なスポーツの中継、興味のあるドキュメンタリー以外は観なくなってしまった。これでもコント番組やクイズ番組をかじりつくように見ていたのだがなぁ。

動画は好きだ。動画には可能性がある。速報性も高い。メディアとしてのポテンシャルは高い。ただ、製作者たちがそれを持て余しているように見える。いっそ、創作的な放送は一日6時間くらいの番組放送にして、それ以外は日本の各地の風景でも「日本の町」という題で延々と流していてはどうか。視聴者が勝手に発見してくれ的な。そうすればもっと余裕が生まれ、斬新な番組を考える時間も出てくるだろう。

ただ、空白を埋めるだけの映像なら、テレビを消して、窓の外でも眺めていればいいのだ。変わり映えしないのは同じ。

(きうら)








ラベル:きうら エッセー
posted by 北川商店 at 07:44| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

小学3年生の娘にとっての「魔法少女まどか☆マギカ」



小学3年生の娘と一緒に、今年見たアニメで、一番印象に残っているのは「魔法少女まどか☆マギカ」である。今更感たっぷりであるが、事実なので、なぜ面白いと思ったのか聞いてみた。感想は……。
作品については、Wikipedia「魔法少女まどか☆マギカ」を参照のこと。

「最終話でドンパチドンパチやるのが面白い」

ドンパチなんて単語を教えた記憶はないのだが、そういっているのでそうなのだろう。言ってることは間違ってないが、そこか。

「アルティメットまどかになるのがかわいい」とも。流石にかわいいかどうかは重要なようだ。

じゃあ、一言で言うと、どんな作品かと聞くと、

「ファンタジーホラー」

という至極まっとうな回答が返ってきた。

「キュウベぇは裏切り者」と力説している。

曰く、グロいのは「マミさんが死ぬところだけ」らしいので、10歳未満の年齢でも何か感じるところがあるのだろう。杏子も友情があって好きだということも言っているので、アニメとしては王道のストーリーラインに感銘を受けているようだ。

私自身は、その「お約束を破る」変則的な作風に完全に呑まれた。予めそういう作品だと知識があったのだが、それでもビックリした。近年では私の予想を裏切る展開をしたのは「ゲームオブスローンズ」ぐらいだったので、衝撃を受けたのは確かだ。

作品的には、カウンターパンチのような作品で非常に鮮やかだが、あくまでも先人の築いた「魔法少女」というカテゴリーあっての作品だとも思う。「ロボット物」のカテゴリーに反逆した「エヴァンゲリオン」を思い出す作風だ。

はっきり言って、後年にどう評価されるかどうかは分からないが、現時点では非常に面白い作品だと思う。まだ、Amazonプライムビデオでも観られるので未鑑賞の方はぜひ。

続編の噂もあるが、映画版をさらにひっくり返すのは難しそうだ。ただ、見てみたい。ただ、スマホゲームは、娘によればイマイチとのこと。

うーむ、なかなか難しいな。

(きうら)








ラベル:きうら アニメ
posted by 北川商店 at 21:50| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

勝手に新刊予想 〜角川ホラー文庫2017年11月

管理人のきうらです。だいぶ寒くなってきましたね。日本では怪談は夏と相場が決まってますが、どうやらお盆の影響のようです。逆に海外では冬が怪談の季節だとか。個人的な感想としては、夏より冬の方がホラーには似合っている感じがします。

さて、今月も無責任に概要だけ見て予想するという無責任な企画をやってみたいと思います。ちなみに先月発刊された角川ホラー文庫の「ハラサキ」は成城比丘太郎氏が近日、紹介予定ですので、お楽しみに。ちなみに某市の図書館にリクエストして入れてもらったそうで、ホラーでもリクエストがあれば買ってくれる懐の深い図書館が大好きです(笑)。


凶宅(三津田信三)
発売日:2017年11月25日/734円(税込)
<内容(公式サイトより引用)>
山の中腹に建てられた一軒家に越してきた小学4年生の翔太。引っ越しとともに妙な胸騒ぎを覚えると、身の回りで不可解な出来事が頻発する。翔太は家族を守るため、忌まわしい家の秘密を探り始めるが――。

<勝手に予想>
何とも言いようのない正統派「館系」ホラーという感じ。煽りのコピーに「本格ミステリ大賞受賞作家が綴る、”最凶”の家ホラー」とあるので、謎解き要素もあるような感じですが、このままではリアル系なのか心霊系なのか、判断に苦しむところです。表紙絵だけ見ると、割と正統派ホラー路線を狙っているように見えますが……。著者の経歴を調べたところ、「厭魅の如き憑くもの」の作者だと判明。本サイトで紹介していますが、その時の印象は余り良くなかったような記憶があります。読むかどうか、悩むところです。


中野ブロードウェイ脱出ゲーム(渡辺浩弐)
発売日:2017年11月25日/1123円(税込)

<内容(公式サイトより引用)>
地震のような衝撃で密室と化した中野ブロードウェイ。ビル自体が生き物のように変容し人が次々と“食われていく”。取り残された少年と少女の運命は!? 誰もプレイしたことのない最悪の脱出ゲームが始まる。「このビルは人を食って生きている!!奇才・渡辺浩弐が放つ最凶脱出ゲーム!」

<勝手に予想>
高い! と、思ってみてみると688ページもある大作だ。表紙絵や紹介からも、ライトな読者層を意識しているように思える作品。著者の渡辺浩弐氏はゲーム系の雑誌で活躍されていたようで、この作品もゲーム的要素を意識しているように思えます。屋敷が人を食う、というのは、割と定番のホラーメニューですが、どういったトーンで「脱出ゲーム」が展開されているのか気になります。青春ラブコメ風なのか、エログロリアル系なのか、今のところ、ライト寄りだと予想しています。ただ、地方在住の庶民としては中野ブロードウェイがピンと来ないという(笑)。情けない状況です。これも読むかどうかは保留ですね。


私のクラスの生徒が、一晩で24人死にました。(日向奈くらら)
発売日:2017年11月25日/691円(税込)

<内容(公式サイトより引用)>
高校教師の北原奈保子スマホに深夜、一人の生徒からメールが届く。「たすけて、みんな死んじゃう」……奈保子は教室に駆けつけるが、そこにはこの世のものとは思えない凄まじい光景が広がっていた……。「教室で起こる猟奇殺人。五感を恐怖で震わせる衝撃のホラーサスペンス登場!」

<勝手に予想>
今回では、最も設定的に面白そうな一冊。著者はこの作品位しか情報がないので未知数。名前からすると女性だろうか。Amazonの推薦文には「リング」の鈴木光司氏が「この恐ろしさは、ねっとりしている 鈴木光司」とコメントを寄せているので、ジワジワ来る系のホラーと思える。24人死ぬということは事実のようなので、殺人鬼系に振ってくるのか、心霊系に振ってくるのか、それ以外の仕掛けがあるのか−−。個人的には単純な心霊系では面白くないので、何か仕掛けがあると嬉しい。ただ、こればっかりは読んでみないと分からない。読むとすれば、3冊の中ではこの一冊かも。

<まとめ>
今月は割とガチンコ系のホラー小説が3冊刊行されるようなので、どれかは読んでみたいと思いますが、いち、ホラーファンとしてはどれも設定にもう一ひねり欲しいと言えばおこがましいでしょうか。ただ、設定は既知のものでも、展開によっては傑作という可能性もあります。この辺を予想するのがホラーファンの楽しみ、いや、読書ファンの楽しみですね。では、また、読んだ場合は本サイトで報告します。





posted by 北川商店 at 21:45| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。