もともとseesaaブログで始めた「怖い本」ですが、独自ドメイン「http://scarybookplus.com/」に移行しました。最近、スマホの広告がウザいとの共同制作者の移行でこのサイトの更新はストップしていますので、ぜひ本サイトへ遊びに来てください。こちらで更新していた内容も本サイトで更新予定です。

2018年01月12日

理想と現実(えせエッセー)



『神のみ』こぼれ話。

桂馬の理想(二次元)と現実(三次元)。


本サイト(1/3付け)において書いた『神のみぞ知るセカイ』感想記事のこぼれ話というか、書ききれなかったことを記したいと思います。

桂馬において理想(二次元)と現実(リアル―三次元)は峻別されているようです。彼が両者の差に絶望しているといっても、現実から目をそらして理想のみを追っているわけではありません(桂馬自身は、自分が理想だけを見ていると思っているようですが)。もし理想主義的な傾向が強いとしても、けっして現実とのバランスを崩しているわけではありません。そのことは、彼が〔苦しみながらも〕現実の生活を送っていながら、理想とそれとのあいだに平衡をきちんと保っているのを見たら分かります。桂馬が現実に絶望しているのは、それを知悉している〔と思いこんでいる〕からです。つまり、彼は現実の基盤上に理想の生活をおくりながらも、また一方で理想を極めようと徹底した現実〔という観念の〕排除をするからこそ、反転して、現実がどういったものであるか分かるのです。

むしろ現実(←桂馬が言う)に生きている人間こそ、時に理想を語り、時に現実へ沈滞し、曖昧な折衷主義を〔無意識下に〕標榜し、彼からすると場当たり的な生き方しかしていないように見えて、そこが現実への絶望を彼に促しているのかもしれません。桂馬の理想主義は、けっして現実逃避の裏返しではありません。彼はきちんと理想と現実との間に線を引いて、理想に足を踏み入れながらも、現実を見据えているのです。桂馬以外の人間が生きる世界は、理想と現実のバランスがとれなくなってしまった〔現実に生きていると思っている〕人間たちがとる、一時的な理想〔というまがい物〕への避難場所でしかないように、桂馬には映っているのかもしれません。要するに、彼らが送る生活は、理想と現実の奇妙な混淆物なのです(それが普通の生活なのですが)。

だから、桂馬が住まうべく努力する、本当の理想〔の世界〕へは、追随する者のいない孤独な道となってしまいます(彼が「自分には絶望していない」と言うのは、このことと関係するのです)。彼が現実にゲーム攻略という理想をもちこんだとき、その考えを理解する者はいたとしても、劇中で同じ道を歩もうとする者は、そう出てこないでしょう。桂馬を「落とし神」として崇める(?)不特定多数の信者(ファン)や、彼に注目するギャルゲ業界のことが出てきますが、桂馬がそのことを詳しく知ることはないので、彼の孤独は一応その体裁を保つことになり、またそのことで彼の攻略の無二性が一層強調されるのです。

しかし、彼が追い求める理想という姿(キャラ)も、劇中では〔登場キャラと比べて〕味気のないように見えてしまい、むしろ現実のキャラ(←視聴者からは二次元)の方がゲームキャラのように見えてしまうのは、先の記事でも書いたことです。そうした中で興味深いゲームキャラが登場します。その子は岸本四葉(よっきゅん)です。彼女の見た目は、もし視聴者側の世界にいたとしたら、ゲームキャラとして、かなりのデフォルメがなされているように見えます。桂馬は彼女の性格面などに惹かれているようですが、このよっきゅんにはそれ以外の重要な役割が、この『神のみ』に関してあるようです。よっきゅんはその見た目からして、劇中三次元と二次元との差を、受容者に改めて明確にさせるような機能をもっているようなのです。また、すぐバグるゲームが登場しますが、これなどは現実の世界の不条理さを反映しているようです。このように、『神のみ』内に登場するゲームは、なにかしら現実と理想の間に立つ指標のようなものとしての機能を果たしているように思えます。それらこそ、時に理想(二次元)と思わせるキャラが、劇中で実際には現実(リアル―三次元)であると、視聴者に立ち返させる効果をもっているのです。

(成城比丘太郎)





神のみぞ知るセカイ(1)【電子書籍】[ 若木民喜 ]





posted by 北川商店 at 12:53| エッセー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

明けましておめでとうございます+「いようかっこいい大統領。ついでにハムレットもやってくれよ」



新年あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

と、普通の挨拶をしておいてなんですが、昨年はサイトを移行したにも関わらず、一定数のアクセスを本ブログにも頂いているようで、大変恐縮かつやや複雑な気分でもあります(笑)。日によっては本ブログより多い日もあります。

過去ログがあるので、それでアクセスが増えている可能性もあるのですが、そのせいでおかげで、時々、気が向いた時にこちら専用の記事を作成しています。

おおつごもりの挨拶は、共同運営者の成城氏からありましたので、新年のあいさつは私が書いている次第です。ちなみに前にも書きましたが、彼は高校の同級生でもうその付き合いは細く長く30年に近づきつつあります。

というところで、挨拶だけで終わろうかと思ったのですが、愛想がないので、私の愛読する漫画「コブラ」の紹介を簡単にして終わります。

「コブラ」というと、シルベスター・スタローンの映画が出てくる場合が有りますが、間違いです。左手にサイコガンを付けた宇宙海賊の方のコブラです。

話せば長くなるのですが、とにかく主人公のコブラは左腕に「精神力の強さによって威力が変化する」というサイコガンという銃を付けていて、これで宇宙の屑どもをなぎ倒すというのがメインストーリーです。もとはジャンプの漫画で、18巻まで発売され、その後、単発で続編が作られたりしています。

作風はアメコミ調でややコミカルでありながら、ストーリー性も高いです。まあ、設定自体はフィリップ・K・ディックから頂いているというか、当時の日本にありがちな日本風翻訳になっていますが、途中からオリジナルティも高くなり、アクションとコミカルさとニヒルな会話がミックスされた唯一無二の漫画となっています。

ちなみに作者の寺沢武一氏はエアーブラシの達人で、表紙などを見るとどうやって書いたのか分からないような美麗なカラーイラストになっています。氏はあの手塚治虫の元アシスタントで、第1巻の紹介文(昔のジャンプは巻末に解説風の文章が載っていた)は、何とその手塚治虫大先生が書いています。曰く、アシスタントとして応募してきて一度は落選したらしいですが、その絵の上手さ(特に女性)が先生の目に留まり、アシスタントになったとか。遠い昔の話ですが、画力で手塚治虫に認められるとは凄い事です。ちなみに日本で初めてコンピューターグラフィックスを漫画に取り入れたのも寺沢武一氏と言われています。

アニメ化もされているのですが、これがまた素晴らしい出来栄え。昨今のアニメでは考えられないほど良く動きます。原作の再現度も高く、特に原作屈指の人気エピソード「ラグボール編」は、アニメ版の方が面白いと言い切ってもいいでしょう。オープニング・エンディングも最高です。声優はあの野沢那智(1938-2010)。一般的にはブルース・ウィリスの吹き替えとして著名ですが、プロ意識の高い声優界の重鎮でした。もうあの声が聴けないのはさみしい限りです。

アメコミの影響を受けていると書きましたが、一応SFです。が、設定はガバガバで銀河の果てまで冒険しているのに、常に地球の出来事の会話(例えばニューヨークヤンキースなど)をしているとか、何語でしゃべっているのか分からないのはご愛敬です。ご愛嬌と言えば、レーザー光線のようなサイコガンのビームが自由自在に曲がるのも物理法則を完全に無視しています。まあ、最後には宇宙戦艦をサイコガン(砲身50センチほど)で吹き飛ばしたりし、反動や熱を考えるとどうなっているか、その辺に細かい理系の人は気が狂いそうになるでしょう。

寺沢武一氏は、その後脳梗塞になったりして、現在は連載はないのですが、最近、復活宣言をしていたので、ひょっとしたら新作も観られるかもしれません。コブラを地で行くニヒルで女好きの方のようで、Twitterなどを見ているとよく美人と一緒に写真を撮られています。

閑話休題。今でもたまに読みますが、無邪気に漫画が面白かった時代の自由なSF活劇が描かれています。あるエピソードではミッキーとジェリーの鼠型宇宙人が爆弾魔という設定で出てきたりして、いまでは絶対に掲載できないでしょう。

という風に、好きな風に文章を書き散らかしているうちにだいぶ文字数が過ぎました。ではでは、今年も良い一年でありますように。ちなみにタイトルのセリフはコブラが宿敵クリスタル・ボーイに言ったセリフです。

(きうら)




ラベル:きうら
posted by 北川商店 at 00:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

大つごもりのあいさつと軽い紹介(成城比丘太郎)



今年(2017年)からはじまったこのブログを読んでいただき誠にありがとうございました。私(成城)は4月からの参加でした。本日の記事は、この8ケ月のあいだのお気に入り作品を取り上げてくれという指令が下ったので、一作品だけあげて大晦日のお薦めにしたいと思います(再度)。

ナイトランド』(4/9)
この作品のことについては、まず当作品翻訳者である荒俣宏のことばをかりたいと思います。

「未来の地球に生き残った人類を襲う化けものたち。その危険な荒野を横断する男女の冒険を描いた、「夢見るように眠りたくなる」ロマンティックな大河ファンタジー。こういう純粋なロマンはもう誰にも書けない。」(『別世界通信』)

ほんま、この通り。ホラー(ファンタジー)とロマンスが融合した、こんなにスケールのでかい物語は唯一無二と思えるほど。30歳を過ぎて、こんなにワクワクと甘ったるさを感じられた読書ができたのは久しぶり。というか、これからもうないかもしれない。

本サイトのあいさつはきうらが書いております。

(成城比丘太郎)






posted by 北川商店 at 06:00| エッセー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。