2017年02月25日

メドゥサ、鏡をごらん(井上夢人/講談社) 〜ほぼネタバレなしの感想



・コンクリート詰めで絶命した作家の死の謎を追う

・興味深い設定と読みやすい文章

・ネタバレ嫌いの方は、一切の事前情報を絶って読って読むべし

おススメ度:★★★☆☆


導入部はこんな感じの小説。作家である藤井陽造は、木枠の中でコンクリート詰めで絶命していた。ダイイングメッセージとして自筆で「メドゥサを見た」と記したメモが残されている。そこで、探偵役となる娘とその婚約者は、死の謎を探るため、藤井が執筆していた原稿を探す。ただ、何かが微妙にずれている気がする...。

この興味を惹かれる導入部&不思議な導入部、そして読みやすい文章。読み始めると引き込まれることは必至だ。さて、この作品は、いわゆる大仕掛けが仕掛けてあって、それを事前に知っていると面白さがほぼ消滅する。初版が1997年ということで「パソコン通信」が出てきたり、作品がフロッピーディスクに入っていることに時代を感じたりするが、納得できるかどうかはともかく、作品に何か「衝撃」を求めるなら、読んで損のない小説だと思う。

ご存知とは思うが、メデゥサ(メドゥーサ/メディーサとも表記される)とは、頭髪が蛇で見た者を石に変える能力を持つギリシア神話の怪女。ネットで調べてみると、海神ポセイドンの愛人だったということで、本編とは関係ないが、ちょっとショックを受けた。ゴーゴン三姉妹の末娘で、確かドラえもんの道具として「ゴルゴンの首」として出て来た記憶がある。そういえば、映画「魔界大冒険」にもメドゥーサがいたな。

しかし、世の中には色々なことを考える人がいるもので、特にミステリ作家は人間の思考力と常に戦っているような気がする。時に人間の死が「パズル」化してしまうミステリは苦手だが、この作品はありだと思う。何より、ホラーとファンタジー好きとしては「メドゥサ」と来ては読まずにはいられない一冊だった。





メドゥサ、鏡をごらん [ 井上夢人 ]




posted by きうら at 08:25| ★★★☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする